世界で一番最初に製品化されたED治療薬バイアグラ

バイアグラ

バイアグラとは、世界で一番最初に製品化されたED治療薬です。
1998年1月にアメリカで発売されるやいなや世界中の男性たちから「夢の薬」と呼ばれ、話題が広まりました。
日本国内でもバイアグラの噂は広まり、併用禁忌や使用上の注意点を守らない人、闇市場が発展してしまったことにより、異例の速さで国内認可を受け、1999年1月に日本国内でも販売開始されました。

バイアグラ(Viagra)という変わった名前は、【VITAL(生き生きとした)】と【NIAGARA(ナイアガラの滝)】の二つの単語を合わせて出来た名前で、「男性の精力(生命力)がナイアガラの滝のように溢れ出るほど満たされる」といった意味が込められています。

バイアグラは薬価のない薬価基準未収載の薬に分類されるため、どこの医療機関で受診しても診察料から処方料まで保険適用外となります。 よって処方を受けるには保険証の提示は必要ありません。

バイアグラの成分・効果

バイアグラサイズ比較

バイアグラは、有効成分としてクエン酸シルデナフィルを含有しています。
クエン酸シルデナフィルは、もともと狭心症の薬として開発されたものでしたが、ED治療に効果を発揮する副作用が発見され、バイアグラとなり製品化しました。

常に陰茎が勃起したままでは不都合なため、人間の身体には勃起を抑制する酵素があります。この酵素が優勢なままだと勃起不全、ED症状となってしまいます。 バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルは、この勃起を抑制する酵素のはたらきを妨げることで、勃起を促してくれます。

このクエン酸シルデナフィルが、薬剤1錠あたりにどの程度含まれているかによって、25mg、50mg、100mgと呼び方が変わります。 ちなみに日本国内で認可されているものは25mgと、50mgのみです。 これは、欧米人と比べ身体の小さな日本人には50mgで十分な効果を発揮できると考えられているためです。
100mgを日本にいながら購入する方法は、個人輸入サイトを利用するほかありません。

バイアグラの効果時間は、一般的に4~6時間程度とされていますが、個人差はあります。
また、バイアグラは精力剤や媚薬のようなものとは違い、性的刺激を受けない限り効果を発揮することはありません。 バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルのはたらきは、あくまで血流を改善し、勃起を促進させてくれる、というものなのです。

バイアグラの服用方法

和食

バイアグラの服用方法としては、食事に気を付けることが大切です。
基本的には、性行為の約1時間前に空腹状態で服用する、というものです。

この空腹状態でなければならないというのは、バイアグラが食事の影響を受けやすい医薬品であるためです。 食中食後など、胃に食べ物が入っている状態で服用すると、バイアグラの薬剤が身体に吸収されにくくなってしまいます。 食中食後に服用した場合、バイアグラの効果が薄まったり、ほとんど効果を発揮できない場合もあります。
「バイアグラを服用したが、効果を実感できなかった」という人の約8割が食中食後に服用してしまったため、というデータもあるほどです。
バイアグラを服用する際は、空腹時に服用するよう気を付けましょう。

また、やむを得ず食事をする場合は、食前30~40分にバイアグラを服用しておけば、薬剤が身体に吸収されるため効果を発揮できます。
食後にバイアグラを服用する場合は、脂っこい食事を避け、腹7分目程度に食事量を控え、食後2時間以上あければ服用しても大丈夫です。

水での服用が好ましいですが、水がなければお茶などで服用しても大丈夫です。
ただし、牛乳などの脂肪分の含まれる飲料は、薬の吸収を妨げてしまうため、避けるほうが無難でしょう。
また、アルコールも適量であれば、アルコールの持つリラックス効果との相乗で効果がありますが、飲みすぎでしまう逆効果となるため注意しましょう。

バイアグラの副作用

鼻づまり

バイアグラの副作用として代表的なものとして、めまい、鼻づまり、目の充血、頭痛などが報告されています。
これらの副作用はバイアグアラ服用者の約8割にあらわれるもののため、効果発現の合図、程度であまり心配する必要はありません。 頭痛がひどいようであれば、頭痛薬などと併用してもかまいません。

他に、光に過敏になり色が変化して見えたりすることなどもありますが、いずれの副作用の場合も、作用時間である4~6時間以内におさまるようであれば問題ありません。
あまりにも副作用が続いたり、気になる症状があった場合は、医師に相談しましょう。

さらに、バイアグラには血圧を2~3程度下げる、という副作用があります。
普段高血圧で血圧を下げるための薬を服用している人や、もともと低血圧の人がバイアグラを服用した場合、血圧が下がりすぎて危険な場合があります。 高血圧、低血圧の人は、バイアグラの服用をしてはいけません。

バイアグラも医薬品であるため、併用禁忌薬があります。
疾患があり、服用している薬などがある場合はきちんと確認をしましょう。
他にも、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある場合や、重度の肝機能障害のある方は、バイアグラの服用はできません。

未成年のバイアグラ服用についても、安全の保障ができていないため服用は禁止とされています。

バイアグラジェネリック

カマグラ

バイアグラは、世界で一番最初に製品化されたED治療薬とあって、さまざまにあるED治療薬の中でも有名です。
2014年5月に特許が切れたため、国内外でも多くのバイアグラジェネリックが販売されています。
その知名度から、バイアグラジェネリックの種類は数多く、正規バイアグラと似た形状の錠剤タイプから、ライトな服用ができるゼリー状や、飴のように食べられるチュアブル状、直接陰部に塗るクリーム状の少し変わったものまでさまざまにあります。
これらのバイアグラジェネリックは、正規バイアグラは1錠2000円程度という価格設定に対し、1錠1000円程度~と、安価に購入することができます。
バイアグラを継続利用したいが価格が気になるという人や、バイアグラを1度試してみたいという人は、バイアグラと同等と効果を得られながらも安価に購入のできるバイアグラジェネリックをおすすめします。

有名なバイアグラジェネリックとして
・カマグラ
・カベルタ
・ゼネグラ
・インタグラ
・ハードオン
などがあります。

バイアグラについてのまとめ

バイアグラはその知名度から、偽造品も多く出回っています。
正規のバイアグラは1錠2000円程度と安価なものではありません。
異様に価格の安いバイアグラを謳う商品などは、偽造バイアグアの可能性も高く、有効成分クエン酸シルデナフィルさえ含まれていない場合があります。
バイアグラの購入においては、信頼のおける医療機関や、個人輸入サイトを利用することが大切です。

バイアグラは世界で一番最初に製品化されたED治療薬とあって、知名度も高く、信頼がおけると、他のED治療薬が発売された今でも人気があります。
ED症状に悩む人は男性の約4人に1人ともいわれています。
ぜひバイアグラでED治療を始めてみてください。

サブコンテンツ
 

このページの先頭へ